表現したい気持ちを持つ



「人を怒らせるのがこわい」

そんな言葉から今回のセッションが始まりました。

私も怒っている人が近くにいたり、怒鳴り声が聞こえたら、たとえそれが全く自分の関わっていないことだとしても心が凍てつくような感覚があります。

でも相手を怒らせてしまうことを恐れて、自分を抑えたり、相手に気を遣い過ぎてしまうと、最終的にどちらも疲れてしまうということも人間関係あるある。



IHでは問題を特定した後、セッションでのゴール・目標を決めます。ゴールを決めて、そのために必要な修正やサポートを行う。

ただ癒されて帰るのではなく、自分が向いていく方向を自分で決める。まさに【自分の人生を生きる】ために作られたセッションだなぁといつも感じます。



「波風がないこと」
彼女のゴール探しが始まりました。
でも筋反射がYESと言わない。

いくつか過去を振り返った後、逆に
"波風が立ってても平気な人"について話してもらいました。

「自分の世界を持っている」
筋反射から反応がありました。
進めていくと、彼女の潜在意識は「自分の世界を創ること」を彼女に望んでいました。

昔から好きなことがあり、道具もあるし、スクールにも通っていたけれど、今は全くしていないと。

私たちは日常(目の前の現実ややるべきこと)が立ちはだかると夢を脇に置いてしまいがちです。

じゃあ、どんなマインドがあれば、また好きなことに向かっていけると思う?
この質問に彼女が出したゴールは、
「自分のセンスを表現したい気持ちを持つ」というものになりました。

必要だったヒーリングは<恐怖症を取り除くプロトコル>。とてもとても深いヒーリングです。一つ一つの工程を丁寧に辿り、彼女は自分の軸を取り戻していきました。


人間関係は上下ではなくて、自分自身が本来の場所(自分の中心軸)にいれば、全員がぴたっとハマる世の中なんじゃないかと思う。みんな居心地がよくて、みんなが中心。